JavaScript:デバッグで良く使うコードを使い回すには

Chrome の DevTools でデバッグなどをしているとき、頻繁に実行するコードがある場合はスニペットが便利です。

環境

Google Chrome バージョン: 99.0.4844.51

使用例

次の様にデータをファイルにダウンロードできるようにします。

const data = ({ id: 1, name: "kuma", site: "kuma-emon.com" });
console.save(data, "data.json");

次のファイルがダウンロードされます。
保存したいデータが小さければコピペが楽ですが、大きくなると辛いですよね。

{
    "id": 1,
    "name": "kuma",
    "site": "kuma-emon.com"
}

console.save というメソッドはデフォルトでは存在しません。
事前にスニペットに登録したコードを実行して使えるようにしています。
コードは devtools-snippetsconsole-save から拝借しました。

スニペットにコードを保存する

DevTools で次のようにします。

  1. 「ソース」を選択
  2. 「スニペット」を選択(ない場合は [>>] をクリックした中にあるはず)
  3. 「新しいスニペット」をクリック
  4. スニペットの名前を入力
  5. コードを入力
  6. 「Ctrl」+ S(Windows)または「Command」+ S(Mac)で保存

スニペットを実行する

DevTools で「Ctrl」+ O(Windows)または「Command」+ O(Mac)でコマンドメニューを開き、「!」の後にスニペット名を入力します。

実行後から、console.save が使えるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました