RESTful API のパラメータを変えての実行にも DevTools が便利でした

RESTful API のパラメータを変えて実行したいとき、

といったものがありますね。特に REST Client 拡張機能は便利です。
ただ、ログインしていないと実行できない API の場合は、Cookie などで認証済みであることを示す必要があって少し厄介です。
Chrome の DevTools なら、その場合でも比較的簡単に実行できるので紹介します。

DevTools を開く

Chrome のメニューから「その他のツール」-「デベロッパー ツール」で開くか、キー入力で

  • Windows なら Ctrl + Shift + I または F12
  • Mac なら ⌥⌘I または F12

すると DevTools が開くので、「ネットワーク」タブを選択します。

該当の API を実行して、そのソースコードを取得する

ブラウザを操作して、対象の API が実行されるまで進めます。
今回は例として「POST /api/v1/save/」という架空の API を例にします。
実行した API を右クリックして「コピー」-「fetch としてコピー」を選択すると、実行する API をコードで取得できます。

API を実行する

コードをコピーしたら、後は「コンソール」タブで貼り付けて実行するだけです。
Cookie 等の記述はありませんが、リクエストには出力されます。

パラメータを変更して実行してみる

コードが得られれば、後は好きなように変更してみます。
今回は以下の前提と変更方針でしてみます。

  • 前提:/api/v1/save のレスポンスは json で { stationId: ‘xxx’ } といった応答を返す。
  • 変更方針:API が返した stationId を、次に実行するときのパラメータに使う。
async function execApi(stationId) {
  const nextStationId = await fetch("http://localhost:3000/api/v1/save/", {
    "headers": {
      "accept": "application/json, text/plain, */*",
      "accept-language": "ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8",
      "content-type": "application/json",
      "sec-ch-ua": "\"Google Chrome\";v=\"95\", \"Chromium\";v=\"95\", \";Not A Brand\";v=\"99\"",
      "sec-ch-ua-mobile": "?0",
      "sec-ch-ua-platform": "\"macOS\"",
      "sec-fetch-dest": "empty",
      "sec-fetch-mode": "cors",
      "sec-fetch-site": "same-origin"
    },
    "referrer": "http://localhost:3000/",
    "referrerPolicy": "strict-origin-when-cross-origin",
    "body": `{\"data\":[{\"stationId\":\"${stationId}\"]}`,
    "method": "POST",
    "mode": "cors",
    "credentials": "include"
  }).then(async res => await res.json().then(data => data.stationId));
  return nextStationId;
}

async function main() {
  const nextStationId = await execApi('001');
  await execApi(nextStationId);
}

main();

というようにコードで書けるので、API の結果をパラメータに使って再実行したいといったことも簡単です。
他にも、POST や PUT でデータ登録できる API があるとき、ダミーの連番データを一括登録する、といった場合も便利そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました