RESTful API を VSCode から実行するには

RESTful API のテストをしたいときなど、VSCode で REST Client 拡張機能を使うと便利です。

VSCode に REST Client 拡張機能を追加する

環境

  • Visual Studio Code バージョン: 1.62.3
  • REST Client バージョン: 0.24.5

インストール手順

  1. クリックして「拡張機能」を選択
  2. “rest-client” で検索
  3. 「インストール」をクリック

RESTful API を実行する

NHK番組API を例に実行してみます。

@area = 130
@service = g1
@date = 2021-11-27
@apikey = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

@genre = 0000

###
GET https://api.nhk.or.jp/v2/pg/list/{{area}}/{{service}}/{{date}}.json?key={{apikey}} HTTP/1.1

###
GET https://api.nhk.or.jp/v2/pg/genre/{{area}}/{{service}}/{{genre}}/{{date}}.json?key={{apikey}}  HTTP/1.1

@マークで変数が定義でき、使うときは括弧を二重にして記載します。
@apikey の値はアカウント登録して取得してください。

要求を右クリックしてメニューから「Send Request」を選択するか、

  • Windows なら Ctrl + Alt + R
  • Mac なら ⌥ ⌘ R

キーで実行できます。

右側に結果が表示されます。
試す環境が用意できず確認できていませんが、POST 要求でボディを送ることや認証の設定もできるので、テストの際は便利だと思います。

要求のコードを生成する

要求を右クリックしてメニューから「Generate Code Snippet」で、以下のコードを生成することができます。

  • C
  • Clojure
  • C#
  • Go
  • HTTP
  • Java
  • JavaScript
  • Kotlin

JavaScript → fetch を選択した場合は、以下のように右側に生成したコードが表示されました。

fetch の他は jQuery、XMLHttpRequest、axios を選択することができます。
使い所はパッと思いつきませんでしたが、興味を引く機能ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました