USB メモリに macOS Ventura のインストーラを作成する

macOS のアップデートをする際、インストールできるUSBも作成するようにしています。
アップデートが終わるとインストーラを作成に必要なファイルが消えるので、以下の画面の「続ける」をする前に実施します。

USBメモリをマウントして、ターミナルから次のコマンドを実行すると、インストーラのUSB起動ディスクが作成できます。
自分は “usb” というボリューム名で USB メモリを用意しました。

sudo /Applications/Install\ macOS\ Ventura.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/usb

USB には 14GB ぐらい容量が必要の様です。

※ 最初は、ターミナルで以下のエラーがでました。

IA app name cookie write failed
The bless of the installer disk failed.

なので、ターミナルにフルディスクアクセスを許可しました。

  • アップルメニューから、システム環境設定 – セキュリティとプライバシー – プライバシー を選ぶ
  1. ガギをクリック
  2. 「フルディスクアクセス」を選択
  3. 「ターミナル」にチェックを入れる
    無ければ「+」をクリックして「ターミナル」を追加する

USB にインストーラを作成できたら、チェックを戻しておきました。

バッファロー SSD 外付け 1.0TB USB3.2 (Amazon)
Mac mini (Amazon)
MacBook Pro 13インチ (Amazon)
MacBook Air (Amazon)
Mac Fan 2024年3月号 (Amazon)

コメント