iOS のアップデートが正常に終わらず復元する羽目になった件

iOS 5.6 と iPadOS 5.6 がリリースされていますね。
手持ちの iPhone や iPad をアップデートしましたが、その中の iPhone 6s で初めて見る画面が表示されてちょっとビビりました。(本投稿のアイキャッチ画像)

この iPhone 自体、中身が消えても困らないような用途でしか使っていなかったので、バックアップもしてないんですよね。バッテリーもヘタってますし、少し前のバージョンぐらいから突然再起動することもあったので、そろそろ終了かなと思ったりもしました。

まぁ、初体験な状況なので、表示された URL を参考に復元してみました。

PC に接続して iPhone を再起動

Mac に繋いで iPhone を再起動(サイドボタンとホームボタンを同時に押し続ける)しましたが、状況が変わらなかったので Windows で試してみました。

PC 側で iTunes を起動してから iPhone を再起動してみると、「復元が必要」な旨のメッセージが表示されたので、指示に従って進めれば復元が完了しました。

Mac でも iTunes の役割をするものを起動しておけば良かったのかな?と思いましたが、何になるんですかね。
最新の macOS だと iTunes は無くて Finder に統合されている認識だったんですが、どうなんでしょうか。

iPhone の再設定

バージョンアップが正常に終わらなかった iOS 5.6 に復元したとして、起動できるのか疑問でしたが無事起動しましたし、後は指示に従って設定を進めれば OK でした。

少しヒヤヒヤしたのは「Apple ID」ですね。
この iPhone 用の Apple ID を割り当てていたのですが、そのメモに自信がありません(汗)

暗証番号や指紋認証で進められるステップもありましたが、最終的には Apple ID とそのパスワードが分からないと使えるような状態にはできない感じでした。
というか、できてしまったら問題ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました